【おかんな日々】背中をおした医師のことば【子育て記録】

2017年07月19日

おはようございます!あなたの笑顔にあかりをともす!*アカリトモス*プレゼンター 栗本です。 今回は、6月にぱ~ぷるママ+アプリに掲載された内容を、加筆してお送りします。 第3回目は「背中をおした医師のことば」です。 今月から3回にわたって「背中をおした」シリーズとなります。   息子が最初に診断されたのが2歳の時。 1歳半検診で少し遅れが?となり、2歳になってから地域のお医者さんに風邪で受診。 その際「2歳だよね?言葉出てないね。」と気付いた医師が、大きな病院を紹介して下さいました。   その大きな病院での診察結果から更に専門医のいる病院へ紹介状を書いて頂き、初診の日を迎えました。   初診のみという水曜日、朝8時半に受付をして、診察は11時ごろ…と聞いていたのですが、なかなか呼ばれません。 「すみません、2時半頃になります…」 申し訳なさそうな看護師さんの言葉を聞き、とりあえず昼食を摂りに一旦帰宅。 またひたすら待つものの、待てど暮らせど呼ばれません。   遅れに遅れてなんと実際に診察室に入れたのは18時半!! すでに親の方がぐったりの状況でした。     診察室に入って真っ先におもちゃのコーナーへ走る息子。 促されて私が椅子に座ったと同時に医師の口から出た言葉。   「あのね、お母さん。自閉症」   診察室に入って3秒ほどです。もはや瞬殺です。 椅子から転げ落ちそうになりつつも、堪えきれない涙を拭いた事を今でもよく覚えています。   そこから始まった半期の一度の診察。そんなある診察の日、医師が言いました。 「お母さん、働きなさい。もちろん、事業所とか最大限に利用申請を出して、とにかく、お子さんも外に出しなさい」   その時の私には「事業所(当時は事業所と言う言いかたをよく分からず「施設」と呼んでいました。)に預けるなんて…。」 と何か罪悪感めいたものを抱えていました。 四六時中ずっとこの子を見ているのは本当に大変。だけれども他人に預けるなんて…と。見透かしたように医師は言いました。   「あのね、お母さん。お母さんが動けなくなってからの人生の方がこの子にとっては長いのよ? 今からお母さん以外の人に慣れて、社会性をつけておかないと、将来困るのはこの子自身なのよ?」   目からウロコでした。 とにかく日々に必死で、将来の事なんてまともに考えた事もなかった(漠然とした不安はありましたが)のですから。   「(身の回りのお世話が)お母さんじゃないとダメ!」 となってしまったら? 私はいつまでこの子より元気でいられるのだろう??     私が60歳で息子が30歳、私が80歳で息子が50歳…。 介護をしてもらわないといけないような年齢になっても息子の面倒を見続ける事が出来るとは思えない。     だったら早く社会に受け入れて貰えるような子に育てなければ! 医師のことばは、今後の私の子育ての方向性を決める、大きな転換点になりました。    

☆講演会・セミナー予定☆

6月22日(木)3か月連続セミナー①「明るいオカンの作り方」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館 7月10日(月)「明るいオカンの作り方 ハナまな特別バージョン」 ハナまな 橿原市川西町 シルクの杜 New! 7月13日(木)「明るいオカンの作り方」 たかまち 暮らしのレッスン 高取町・夢創館 7月20日(木)3か月連続セミナー②「明るいオカンの暮らし方」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館 8月17日(木)3か月連続セミナー③「今日からあなたも明るいオカン!気持ちをプラスに変える実践セミナー」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館  

□講演会・セミナーのご依頼□

「明るいオカンの作り方~起業までの道のり」 「明るいオカンの暮らし方」 「こどもの将来を見据える障がい児への関わり方栗本家の場合」 「小学校は地域と支援(養護)どっちがいいの?」 「今日からあなたも明るいオカン!気持ちをプラスに変える実践セミナー」 1講演1~2時間くらいで内容の時間を調整致します。その他、ご希望内容・講師料につきましては 下記までお問い合わせ下さい。  

□個別相談・グループ相談□

・発達の気になる子どもや家族がいる ・配偶者の協力を上手く引き出したい ・入園・入学前だけど不安 ・どこに相談して良いかわからない ・先生とどう話していいのかわからない ・子どもの障がいを誰にも話せない ・我が子のクラスの発達障害の子への対応、どうすればいいの? ・とにかく話を聴いてほしい! 等々。近しい人には話せないけれど、とにかく誰かに聴いてほしい! 障がい児を育てる明るいおかん栗本が、今までの経験に基づく形で、発達障がい児との関わり方の相談(保護者との関わり、地域との関わり) 個別相談、グループ相談会でアドバイスを行います。 お子さん以外で、ご家族との関わり方にお悩みの方もお話を伺います。守秘義務厳守。     -個別相談にお越し頂いた方に感想を頂きました- ・1人で苦しんで、誰かに助けを求める親御さんは沢山いると思います。私も栗本さんに出会うまではそうでした。 是非、これからも今苦しんでいる親御さんの助けとなって欲しいです。 ・自閉症と診断されたばかりで右も左も分からなかったとき、頂いたアドバイスで吹っ切れて子どもと向き合う事ができました。 あの後地域の小学校の普通級に通い、もうすぐ卒業です。本当にありがとうございました。 ------------------------------------- お気軽にお問合せ下さい。 遠方の方、都合により外出の難しい方は、スカイプ等での相談も承ります。 相談料:1時間 3,000円(税別) (直接お越しいただけない場合は事前にお振込をお願い致します)  

☆もこもこアート®イベント出店予定☆

8月6日(日)WFCワクワク夏フェスタ! 奈良市・イトーヨーカドー 8月20日(日)第1回奈良アート&てづくりフェスティバル 五條市・シダーアリーナ(上野公園内総合体育館) 8月27日(日)なんとカンファレンス ぷろぼの福祉ビル  

☆司会・その他☆

7月5日(水) 下市町(詳細は後日) 11月25日(土)con brio コンサート 橿原文化会館小ホール         お問い合わせ 〒635-0081 奈良県大和高田市高砂町2-1サンライズビル1F 株式会社のぎす Tel:0745-23-7337 Fax:0745-23-7338 メールフォームはこちら
栗本 薫 ボイスデザイナー

栗本 薫 ボイスデザイナー

「声はあなたの武器になる」 という理念のもと「姿勢・呼吸・発声・発音・話し方」の5つを柱とした「ボイスデザイン」を提唱。 声楽・司会・ウグイス嬢などを通じて、声の勉強・トレーニングをし、その人・その場に合った声を見本として見せる指導が出来る。 企業研修をはじめ、経 営者や議員、講師などの「声の指導」にも力を入れ、数多くの「話す悩み」を解決。 「どの話し方講座より、ここに最初に来るべきだった」「発声や発音をこんなに分かりやすく教えて貰ったのは初めて」と評価を得ている。

  1. トップ
  2. コラム / ブログ
  3. 【おかんな日々】背中をおした医師のことば【子育て記録】