声を出すための肩こり解消法 寝ても覚めてもボイトレ思考ー第12夜ー

2019年06月17日

肩こりって、声を出すのに関係ありますか?

関係あります。 大ありです。   肩こりがどう関係あるの? 良い質問です。   肩こりになると、背中の筋肉が固まってきます。 そうなる事で、首の筋肉も凝り固まってきます。   すると、喉の周りの筋肉も固まり、呼吸の通りが悪くなります。 息の力が足りないので無理やり声を出そうとして、喉を傷めます。  
そう、声を出すなら、肩こりは大敵なんです。
    そうはいっても、普段のパソコン作業や日々の手仕事…。 ストレスやらなんやらを含めると、なかなか「肩こりの完全成敗」は難しい問題ですよね。    

肩こりを解消する、意外な方法があります

肩をまわして肩こり解消をしたい…!けれども、五十肩で腕が、腕がぁぁぁ!! という切実なお声も。   実際、肩をゴキゴキいわせてもどうにも肩こりが解消した気がしない…ということ、ありませんか?   ちなみに、栗本もめっちゃ肩こりがあります。 ですが、あえて「肩もみ」など、肩に直接アプローチはしていません。   ではどうしているのか?  
頭皮を動かしています。
    は?頭皮? と思われたかたも多いと思います。   そう、顔も首も肩も「皮膚は繋がっています」。 詳しい記事がありました。   「肩こり&頭痛のときは、頭皮もカチコチ」 ・東洋経済オンライン(VOCEウェブサイト)) 「頭皮をほぐせば顔が上がる!小顔になる!」 ・『Precious7月号』小学館、2017年 / 2017.7.2 更新   肩こりがほぐれるだけでなく、頭痛も改善して、小顔に!! なんしか良い事だらけです(笑) (栗本、身体はごついですが顔は小さいので、体現しております!)   ふたつめのリンク先には、頭皮ほぐしの詳しい動画も載っています。 是非、お試しを。   [contact-form-7 404 "Not Found"]      
栗本 薫 ボイスデザイナー

栗本 薫 ボイスデザイナー

「声はあなたの武器になる」 という理念のもと「姿勢・呼吸・発声・発音・話し方」の5つを柱とした「ボイスデザイン」を提唱。 声楽・司会・ウグイス嬢などを通じて、声の勉強・トレーニングをし、その人・その場に合った声を見本として見せる指導が出来る。 企業研修をはじめ、経 営者や議員、講師などの「声の指導」にも力を入れ、数多くの「話す悩み」を解決。 「どの話し方講座より、ここに最初に来るべきだった」「発声や発音をこんなに分かりやすく教えて貰ったのは初めて」と評価を得ている。

  1. トップ
  2. コラム / ブログ
  3. 声を出すための肩こり解消法 寝ても覚めてもボイトレ思考ー第12夜ー