青少年健全育成八尾市民会議様&八尾市様主催「明るいオカンの作り方」講演

2019年12月02日

中核都市!青少年健全育成八尾市民会議様&八尾市様主催「明るいオカンの作り方」

2019年11月23日(土・祝) 大阪府八尾市にあるプリズムホール(小ホール)で、半年ぶりの「明るいオカンの作り方セミナー」でした。 参加者の大半が年齢層高めではありましたが、女性陣の「うんうん」という大きな頷きが、セミナー中何度も壇上から拝見できた貴重な機会でした。 何がすごいって、今回は口述筆記の方と手話通訳の方がご一緒でした。 こういった配慮がデフォルトというのも、流石です。

豪華な配布資料!

聴きに来てくださった皆様へ配布されている資料を、私も1部頂きました。 その内容がまたすごく豪華なんです! ティッシュ、マスク、チラシ…。 何より一番目を引いたのが「こども会ハンドブック」。 八尾市さんが発行されている冊子で、子ども会への参加に迷うご家族(子どもは入りたいけれど、親が二の足を踏む…というよくある光景)を中心に、地域での「子ども会」の在り方やその存在意義。 もし新しく団体を立てる場合は…?など、マンガを交えて非常に分かりやすく解説してあるんです。 子ども会で出かける施設(アミューズメントや博物館など)の人気投票なども掲載されていて、まさに充実の内容!! いいなー!八尾市ってすごいなー!と改めて感じました(田舎の小市民)。  

ご感想の一部をご紹介

  • 障がいを持つ子の親御さんだけではなく、自分には関係ないと思っている人にこそ聞いてほしいと思いました。
  • 明るいオカンは世界を救うと思います!
  • ダメだけではなく、必ずこれならOKをセットで伝えるというのが参考になりました。
  • あいまいな言葉(ちょっと・ちゃんと)がこんなに人によって感じ方が違うんだと驚きました。
  • 昼からの講演で眠くなるのでは?と思いましたが、最初から最後まで楽しく聴かせていただきました。説明も分かりやすく、発達障害のお子さんと接することが多いので勉強になりました。
  • キッチンタイマー、早速購入します!子育てについて、分かる部分、こうしたらいいんや~!と思う部分が沢山ありました。
  • 栗本さん、私に似ています!うちも毎日が新喜劇です!これでいいのだと思えました!
  • 否定ではなく肯定で、短い言葉で伝えるというのが印象に残りました。
  • 当たり前は当たり前じゃないんだと、改めて感じました。
  • 分かりやすく、聞きやすかったです。笑いもあってあっという間の1時間半でした。
  • 自分の子育てに活かせる言葉がたくさんあり、よかったです。
  • もっと子供が小さいときに聞きたい講演でした。
  • 今色々悩んでいる友人へのアドバイスに使えると思いました。

成長したからこそわかること

明るいオカンシリーズは、4年ほど前に出来上がりました。 子どもの成長にとって、4年という期間はすごく大きなもので、この間に何度も中身を作り変えています。   また、今回は1時間(~1時間半)ということで、普段の2時間セミナーと違いスライドを大きく入れ替えてお話をさせて頂きました。   4年前の時点では考えられなかったような出来事もあり、資料に追加したりお話する内容に追加するたび 我が子の成長を如実に感じることが出来ています。 重度知的障害&自閉症をもつ我が子の子育てを通しての「オカンの気持ちの作り方」をお伝えしているこのセミナー。 基本的には「大変だけど大丈夫。なんとかなる。」が軸になっています。   子どもが小さかった頃は「大丈夫なわけない!!お先真っ暗でしかない!!」と思う事もありましたが 今となっては、あの時の心配はなんだったんだろうなーなんて思う事の方が増えています。 もちろん、息子とはごく普通に日常会話が出来るわけでもなく、今でも難しい部分は多々あります。   とはいえ、やはりお伝えしたいのは 「確実に成長しますよ!」 ということ。 子どもの可能性を、一番身近な親が信じて寄り添うことが大事なのだということを、もっともっと広めたい。 お話の回数を重ねるたびに、そう思います。  

万が一の時のために、家族間での会話が重要に

何かと災害の報道が伝わってくる昨今。 あまり大きな災害が直撃していない奈良県民としては、なかなか危機管理に対する意識を高める事に難しさを感じています。   PTA会長として約2年。 まだもう少し任期が続きそうな感じもありますが、出来るだけ自分が担当させて頂いている間に防災や災害に対する備えに関してしっかりとしたシステムを構築しておかなければいけないなと感じています。   災害が起こってからでは遅いだけに、普段からお子さんと意思疎通ができるツールを何か持っておく。 その為にも家族間での会話が、必要不可欠なのではないかと思います。 災害時に避難が難しい子どもを抱えるご家族のために、今後は更にお役に立てるような情報をもっとお伝え出来るよう、精進致します。

今回は、長野ゆか先生よりお繋ぎ頂いたご縁でした

今回、ご依頼を下さいました 青少年健全育成八尾市民会議の皆様、また打ち合わせより色々お世話になりました八尾市役所こども未来部青少年課の皆様、本当にありがとうございました。 そしてこのご縁をつないで下さった、のぎすではお馴染みオフィスミカサの長野ゆか先生にも、感謝、感謝、感謝(大事な事なので3回言いました)です!  

明るいオカンの作り方 セミナーのご依頼は

https://nogisu.co.jp/all-menu/okan/
栗本 薫 ボイスデザイナー

栗本 薫 ボイスデザイナー

「声はあなたの武器になる」 という理念のもと「姿勢・呼吸・発声・発音・話し方」の5つを柱とした「ボイスデザイン」を提唱。 声楽・司会・ウグイス嬢などを通じて、声の勉強・トレーニングをし、その人・その場に合った声を見本として見せる指導が出来る。 企業研修をはじめ、経 営者や議員、講師などの「声の指導」にも力を入れ、数多くの「話す悩み」を解決。 「どの話し方講座より、ここに最初に来るべきだった」「発声や発音をこんなに分かりやすく教えて貰ったのは初めて」と評価を得ている。

  1. トップ
  2. コラム / ブログ
  3. 青少年健全育成八尾市民会議様&八尾市様主催「明るいオカンの作り方」講演