【片桐中学校】授業でお話しました【中学2年生】

2018年03月28日

今日は朝からPTAのお仕事を済ませ、午後から郡山市の片桐中学校へお邪魔しました。
片桐中学校では、毎年中学2年生が、福祉実習として、介護や障害の福祉事業所に職場体験に行かれるそうです。
 
その体験の前に、行く先にはどんな人がいるのか、みんなが一緒に生きていくためにどうすればいいのかを、是非明るく話してほしい! というご依頼を頂き、約90名の生徒さんの前でお話させて頂きました。
 
内容としては、主にうちの息子の件で、「こわくないよ」「面白いよ」という事が伝わるようにと、いつもの保護者向けとは違った内容を用意しました。
 
 
給食後で眠かったであろう時間帯。しかも部屋が蒸し暑かったので、聞いている生徒さんも大変だったと思います。 にも関わらず、みんなとても真剣で、じーーーーっと目を見て聞いてくれる生徒さんもいれば、私の話に笑ってくれる男子がいたり。 短くも充実した時間と機会をいただきました。
 
 
校長先生ともお話させて頂き、中学生が福祉と関わる重要性を教えて頂きました。 中学生が福祉実習をしている事そのものが、とても珍しいという事。 実習に行って、帰ってくると生徒さんがどう変わる(成長する)のかなど、お話されている校長先生がすごく嬉しそうで その表情がなによりも印象的でした。
 
 
帰る時、学校の外観の写真を撮っていると「先生ー!ありがとうございました!」と外で声をかけてくれた男子二人。
写真をどうするのか聞かれたので「Facebookにアップするねん!」というと、「先生進んでるー!」って(笑)
 
 
前で話す人=先生=お堅い というイメージだったのかもしれません^^
また、実習が終わってからの振り返りの授業に、是非混じらせて下さいとお願いしてきました。
 
 
片桐中学校の皆さんは、中学2年生という難しい年頃とは思えない、素敵な生徒さん達でした。
 
 
今回この機会を下さった上山先生に大感謝! 楽しい時間を、本当にありがとうございました!!
栗本 薫 ボイスデザイナー

栗本 薫 ボイスデザイナー

「声はあなたの武器になる」 という理念のもと「姿勢・呼吸・発声・発音・話し方」の5つを柱とした「ボイスデザイン」を提唱。 声楽・司会・ウグイス嬢などを通じて、声の勉強・トレーニングをし、その人・その場に合った声を見本として見せる指導が出来る。 企業研修をはじめ、経 営者や議員、講師などの「声の指導」にも力を入れ、数多くの「話す悩み」を解決。 「どの話し方講座より、ここに最初に来るべきだった」「発声や発音をこんなに分かりやすく教えて貰ったのは初めて」と評価を得ている。

  1. トップ
  2. お知らせ
  3. 【片桐中学校】授業でお話しました【中学2年生】