長野ゆかさん 継続ボイスコンサルプログラム

  1. トップ
  2. 実績 / お客様の声
  3. 長野ゆかさん 継続ボイスコンサルプログラム

ボイスコンサルプログラムー継続受講ー

講師業のみなさん
喉を中心にしたお悩み抱えてないですか。

長時間の登壇後、背中が痛いとか
喉に違和感とか
冬声が出ないとか
咳き込んだら、止まらないとか。

姿勢、声の出し方、全部みてくれますよ、薫さんが。

私は、負担のない声の出し方
ずっとサポートしてもらってて

毎講座前、講座後も
「今日は暑いから」
「今日は〇〇だから」

と、その日喉に優しい癒し方まで
メッセンジャーにてサポートしてもらっており
ーーー改善実感。

一番驚いたのは
唾を飲み込んだ時に、「こく」っとなる違和感が
10分のマンツーマンのチェックで治ったこと。

お医者さん行こうかと思ってたのに!!

そして、薫さんのチェック受けてから
人の姿勢がすごく気になるようになり
学校の先生、いろんな講師の先生

姿勢が悪いというよりも「体の負担大きそう…」
か心配になるように?

一刻も早く!プロの指導うけること
お勧めします。

オフィスミカサ代表の長野ゆかさん
整理収納アドバイザー1級認定講師として
オフィス業務効率化コンサルタントとしてご活躍です

ご存知の方が多くいらっしゃるので今更かもしれませんが、本当にすごい方です。

オフィスミカサ代表として、講座・講演・コンサルにと忙しく走り回っておられます。
何がすごいって、その行動力と冷静な判断力。
「母親」「起業」と、栗本と共通するキーワードは多く、初めてお会いした時から親近感を強く(勝手に(笑))抱いていました。
その長野ゆかさん。日ごろの仕事のスピード感とその密度には、毎度感心を通り越して感動しかありません。

そんな忙しい長野さんの悩みは…

年間登壇回数も多く、なにかと忙しい長野さんのお悩み。
それは「毎回終わると背中が痛い」ということ。

これは、立っている姿勢に問題があると思い、実際の姿勢をアドバイス。
前に傾きがちで、つま先にだけ力がかかっていた姿勢から、まっすぐ足の裏全体で身体を支えられるように改善する方法をお伝えしました。

すると、直前までつばを飲み込む際に感じていた喉の違和感がなくなった!と。
これだけでも、喉に対する不安要素がひとつ減り、気持ちも楽になられたと思います。

また「一日講座」が何日も連続していると、身体が疲れ姿勢が歪み、気がつけば無理のある発声をしてしまっている事も。
疲れてくると背中が曲がり、顔だけを上げようとして実際は顎が上がってしまうのは良くある現象なんです。

特に大きな会場でマイクが無い場合などは、遠くに届かせようとして大声を出し、喉を痛めてしまいがち。
直接声に関する事ではありませんが、30名以上の会場であればマイクをご用意頂くように主催者の方にお願いしてみて下さいともアドバイスをさせて頂きました。

他には、長丁場の講座の前後、気候や気温によって変化する体調などを予想し、姿勢の作り方や伸ばし方、自宅に戻られてからのケア方法なども定期的にお伝えしています。

キリっとした感じのお写真が続きますが、実際にお会いするととっても朗らかで柔らかい方。

お子さんの部屋や、おもちゃのモノの収納方法よりも「子どもに片づけ力をつけるために親ができること・仕組みづくりと教え方」という1点の角度からアプローチした
「「片づけなさい」は言っちゃダメ!子どもの片づけ力を育てたい人の3級講座」
子育て中の保護者に大好評の講座を開催してらっしゃいます。
親子のコミュニケーションの1つであること、片づけは幸せに生きていくための1つのツールであるということをベースに分かりやすく教えて下さるのが特徴。

元々長野先生自身がお片付けが苦手だった!?という衝撃の事実を知れば、きっと「私にも出来る…!」と思えます!

また、ビジネスメールの講師としても活躍されています。
取材や執筆も多数!栗本のつたない文章力ではご紹介しきれない部分がありますので、是非長野先生のサイトで詳細をご確認くださいませ。
長野ゆか先生の公式サイト→オフィスミカサ